Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司法修習生貸与制1年延期の裁判所法改正が成立

11月26日に、
司法修習生への給付を貸与制にすることを1年延期する、という
裁判所法改正案が成立しました。

司法修習生の置かれた窮状をなんとかしようと、
貸与制の実施にストップをかけるためにご尽力された皆様に敬意を表します。
新64期司法修習は、27日から開始され、まさにぎりぎりのタイミングで間に合ったといえます。
ねじれ国会の紛糾のなか、みんなの党を除く与野党が一致してこの法案に賛成してくれました。

給費制復活の審議の過程で、法律家養成制度のその他の緊急的な課題もあることが指摘されました。
ロースクールの負担や、新司法試験に3回失敗したら受験資格さえ失う、という三振制度。
見直すべきことはたくさんあります。

1年の間に、法律家養成制度の問題や給費制の意義をより多くの人に理解してもらいたいと思います。

市民連絡会も声明を出しました。

ビギナーズ・ネットのたくさんの若者が、最後まであきらめずに、元気に純粋にがんばったことが、
貸与制延期の実現の原動力となりました。
この運動を通して、多くのことを学んだことでしょう。

(そういえば、私もたくさんのことを学ぶことができました。)

彼らが市民のためにしっかりと働いてくれる日を心から楽しみにしています。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。